IH
 
歴史的な近代建築にオール電化厨房完成
〜レトロな建物と最新技術の調和〜

 創立95周年事業としてのガスから電気への「オール電化厨房」への転換工事が竣工し、平成20年5月15日からオール電化レストランとして営業を再開しました。
 今回のオール電化工事は、昭和5年築の歴史的建造物である本館を将来にわたって火災から守り、また、当倶楽部の名に相応しい「電気」の更なる普及促進と環境対策(CO2削減)を目的として実施したものです。
 完成した厨房には、IH調理器の他、「蒸す・焼く・煮る・煮込む」など多様な加熱調理が可能な万能調理器スチームコンベクションオーブンをはじめ、最新の電化機器が取り揃えられ、「涼しく清潔感溢れる厨房」となっています。
オール電化後のスッキリとした厨房(写真)
(オール電化後のスッキリとした厨房)
○平成21年10月23日 厚生労働大臣から当倶楽部オール電化厨房が「食品衛生優良施設」の表彰を受けました。(H20.10.24 日本食品衛生協会長表彰を受彰)
厚生労働大臣表彰「食品衛生優良施設」盾(写真) 表彰状
(厚生労働大臣表彰「食品衛生優良施設」盾) (表彰状)